フォト
無料ブログはココログ

2012年6月 6日 (水)

あっという間に半年

タイトルどおり、早くて半年目に入りましたね。

なんにも出来ないうちに月日だけが早く過ぎてしまって、頭の回転が鈍ってきたのか、置いてきぼりを食わされてるような毎日です。


桜もあっという間に通り過ぎ、今度は庭の花々が活躍しだしてきました。

最近のお天気はあまりアテにならないし、こうした季節の草木花々でなんとか季節感や時期を確認してるナナ母です。

110.
109_2 .
107_2 .
104_3このラベンダーは今年初めての花芽。心地よい香りがしますwink
.
105 .
106これは去年の正月、食べようと思って買ってきたゆり根を食べずに、植えてみました。
去年花が咲いてまた今年も楽しませてもらえそうです
(手入れもせず置きっ放しにしてるだけなんだけどねcoldsweats01)
.
103この芽は去年グリーンカーテンやってみようってことで、ベランダに植えたゴーヤから取った種を植えたもの。種類はよく分からないけど、あまり苦味もなくて食べやすかったな。
これが今のところ一番の楽しみ。もう少し大きくなったら、深めのプランターに移して今年もグリーンカーテン作るんだ~~~



ところでウチのナナさんは、お蔭様で近くまでなら散歩に出れるくらい足取りも確かになってきました。

とその前に、今までは家の中に居たのでちょっとゆっくりしてたけど、もうこうやって外に出る機会が増えてきたので、そろそろフィラリア&ダニ・ノミ対策を。

そこで今年はこんなのにしてみました。

101クビの後の皮膚にスポイトするだけでフィラリアもダニもノミもOK!
そしてお値段が1回分2,033円とお財布に優しいお薬ですlovely

これで安心して外に出れま~~すo(*^▽^*)o

092 .
096 .
098 .



あと2週間の我慢で、お出かけ解禁~~~
sunこんな日もcloudこんな日もrainこんな日はちょっと嫌だけど、待ち遠しいな~~~

2012年5月 2日 (水)

2週間経過-抜糸しました

2週間経過の4月26日、抜糸をしてもらってきました。

滑った足の心配の事を先生に聞いたら、「異常があれば足はつけないので、まず心配は無いでしょう。」その言葉にナナ母の心配がなくなりようやく、一安心。

先生の「歩かせてみて」の指示に、もうその場から逃げ出したいナナの足取りはスタスタとなんと軽やかなこと。先生も笑いながら「大丈夫ですね」と言ってくれましたhappy01

Cimg0119_2 .
包帯も取れ、傷跡もきれいにふさがり、手術のため刈り取られた毛が生えてくるまで、しばらくはロングパンツの生活。
これから1ヶ月はちょっぴりだけど外に出て歩けます。でもムリは禁物。筋肉が膝に入れた金属を覆ってくれるまでの辛抱です。

この間、骨折に注意しなければthink

2012年4月25日 (水)

今日で丸二週間になりました^-^

先々週の4月11日に手術をして14日に退院。それから毎日ナナ母の側で寝起きしていたナナ。かなりの甘えん坊になってますcoldsweats01

082 .


そしていよいよ明日26日は抜糸予定。
何とかここまで辿りつきました。と嬉しいはずなのにナナ母のテンションはdowndowndown


月曜の夜やってしまいました。


ウチではゲージが無いのでリードでの生活。痛い足に負担がかからないように座る時も、シッコする時もそれなりに頑張ってたナナ。


ところが調子よくなってきた最近、人がいると行動がせわしなくなってきてて気をつけなくちゃと思ってたその時、「ギャンsign03」と鳴く声にナナ母真っ青coldsweats02

やってしまった~~左足は?? 痛そうだ~bearing 浮かしてる(ノд・。)

どうも足を滑らしてしまったよう。無理やり横に寝させて左足全体触ってみたけど分からない。もしかして手術した関節傷めた?立ち上がろうとするので補助しながら立たせてみたけど素人目には分からない。付く足に視線をじっとやって観察してると不安な思い込みのせいか足のつきが悪いように・・・

娘を呼んで娘の目で見てもらうと、「今朝と変んないよ」と。でも不安。しかしどうしようもないのでその日はそのまま休む事に。

明けて昨日、痛がってる様子もなくいつもの行動なんだけど不安がいっぱい。病院に電話して伝えるも、「安静にさせててください」としか。


083 .

普段から日中留守番している時はずーっと大人しくしてるみたいで、下の部屋にいるおばあちゃんも「音っこひとつしねっけ」と言ってくれる。同じく昨日もそんな様子だったようで、帰宅するなり部屋に様子を見に行くと、「お帰り~~heart04」立って向かえてくれたナナの足は、やっぱり普段と同じに見えるんだけど。でも・・・

明日の抜糸の時見てくれるだろうけど、ここまできて~~との不安が募るばかり。  明日が嬉しいくも怖いナナ母です(´・ω・`)ショボーン

2012年4月16日 (月)

たいくつ~~

手術を終えてから今日で6日目。

ナナは足の事なんかすっかり忘れているみたいで、朝起きると「散歩に行くんだ~~」と張り切っているけど、リードにつながれているから部屋からは出れず。

ワンワンと吠えて不満気味。

戻ってきた日は排便もしたけど、昨日今日とまだ出てません。食物繊維たっぷりの寒天と、サツマイモをご飯に混ぜてあげてるけど効果はまだのよう。明日は出てくれるかな~~

部屋にいれるのは嬉しいけど、「たいくつ~~~~」

1 .

2 .

3 .

5 .

.

4

えっ 何かくれるの?  おやつでしょheart04heart04heart04

6_2 早く頂戴よ~~.

.

.

.

ガサガサの音だけにはすこぶる良い反応を見せてくれるナナ。

食いしん坊なんだから~~

.

鶏さんの胸軟骨をどうぞ~~

2012年4月14日 (土)

ただいま~~

4月14日めでたく退院してきましたP1020013

病室のドアを開けるなりナナ母が来たのが分かったようで、鼻をクンクンさせ、「お母さん、お母さん、どこ行ってたのよannoy」と言わんばかりに吠えまくり、手術した子とは思えないくらい元気。
自分でゲージからスタスタ出てくるし。

前はこんな感じじゃなく、もう少し痛い足をかばってたように思うんだけどね。

P1020017車の中でもウロウロと落ち着きが無く、またどっかに置いていかれるのかと思ってるのか、ずっとこんな感じでした。

経過は良好。抗生剤と痛み止めをお土産に無事家に到着。

.

009 家に戻ってきてゆっくりしたのか、シッコと○○コを早速。

さらに○○コをも一つ。

遊びの催促も全然変わりなし。

ひっくり返ってナナ母の指甘噛みするわ、撫でろと催促するわ、いつもの調子でいてくれるのでナナ母とっても安心ヽ(´▽`)/

病院ではカラーをしてたみたいですが、包帯している足には今のところ気にする様子も無くお利口さんな、ナナhappy01

.

002 時折横になって寝たり、外から聞こえて来る他所の犬の鳴き声に反応したりと、痛がってるそぶりもありません。

010 .

017 立つ姿にも全然違和感なし。

2週間後抜糸の予定なので、それまでは何事も無く平穏に過ぎてくれればと思います。


皆さんの応援パワーを頂いて今回も復帰に向けて頑張りま~~すpunch

022_2 .

胴体ベルト、前回作ったのがちょっと大きかったので今回少し細めに作ってみたら、ピチピチおばさんに。

これからダイエットにも励みますcoldsweats01

2012年4月12日 (木)

頑張ったナナ!

今日は下の娘の入学式cherryblossom

先月高校を卒業し、今度は専門学校に通う学生に。

校長先生の祝辞の中に、「一日一時間一秒を無駄なく過すよう努力してほしい」との言葉が。いまどきの子供達にこの意味が本当に理解できてるのかどうか、静かに見守って行きたいと思っております。

その入学式と同じ今日、ナナは左後足膝前十字靭帯断裂の為盛岡の岩大動物病院で手術を受けました。

膝の中には靭帯の代わりに膝関節をチタンでつなぐ術法。前回の右後足膝前十字靭帯断裂と同じ内容で行われました。

001 何かを察知したのか、向かう車の中ではじっとして外を見てるばかり。

006表情もホントのお出かけよりも硬いし。

013 .

ナナを上の娘から病院に連れて行ってもらい、ナナ母と下の娘は入学式会場に。

式の最中、12時からの手術で3時頃まで掛かるとの連絡。

入学式を終え、上の娘と合流し遅めの昼食。

3時に向けて再び病院へ。

ところが、病院に着いて手術がそろそろ終わる頃かと事務の方に尋ねたらあと1~2時間はかかるとの事。

???と思っていたら、ちょうどナナが時々診て貰う角館の個人病院の先生とばったり。
その先生は今日の手術の立会いに入っていてくれてたんです。が急用が出来た為手術室から出てきたのでした。
すぐさま様子を伺うと、切れた靭帯の代わりに間接を支えようと回りに筋肉が付き出していてそれを剥がすのに時間が掛かっていた模様。後1時間くらいで終わると思うからと言われ?も解決し後はひたすら待つことに。


時計が5時を過ぎた頃、廊下をパタパタと歩く音が。

そろそろかな~~と思ってそちら側をのぞくと病室のドアが開いていて、あれこれ準備をしているみたいでした。

015左側の開いている片扉が病室の入り口。

5時15分頃主治医の先生が出てきて、前の説明の通り時間が少し掛かったけど無事手術が出来ました。もう少しで麻酔が切れるから待っててと言われました。

それから15分間後。

若い男の先生に抱かれナナが無事戻ってきました。

016お帰り~~ナナ~~~生還できたね~~

017

すぐさまナナに会いに行くと、まだ麻酔が完全にきれたわけでは無いようで、ゲージに入れられたままの状態で動かず。

それでも私が「ナナ~」と呼びかけると顔を向けてくれて、思わず両手でナナの顔を包み込み「頑張ったね~いい子だったね~~今夜頑張れば明日はラクになるからね~~」と顔をこすり付けて褒めてあげました。

でも目はうつろで朦朧としているみたい。それでも私の呼びかけに応えてくれたナナと話しながらうっすらと目に涙が。前回より1つ年をとった分、体に掛かる負担を考えると本当に頑張ってくれたと思います。

018 今日はこれで帰るね~~

ナナを病室に残した帰り際、先生が笑顔で「手術はとてもうまくいったので大丈夫です。」と。

土曜日の午前中には退院できるそうで、ひとまず帰宅の途につきました。


またまたお騒がせしたナナですが、今度は両膝安心して過せるかと思うと、とても安堵したナナ母です。


励ましてくださったみんな。また3ヵ月後にはきっと会えると思いますので、どうかまたよろしくお願いします。

みんなの応援でナナも手術を頑張れたし、これからの回復にもきっと目を見張る回復振りとなることでしょうhappy01

どうもありがとうございました。

また経過報告します。   よろしくね~~paper

2010年12月27日 (月)

本日抜糸してきました

12月27日(月)。先々週退院の時に今日検診するよう言われ病院に行ってきました。

先週バンテージがもうどうにもならなくなり、外すよう指示を受けてからの数日。タイツに加え婦人用ルームスパッツなるものを同じように細工し、過ごしてきました。傷口を舐めらないように気を使いながら、とはいうものの昨夜はそれが脱げてたりして、改めて細工しなおしたり・・・・・。

先生から見ていただいたら、「傷口も舐めていないようで赤くなってないし、きれいにふさがっているね~じゃぁ抜糸します」に思わずホッ(^-^;   でも2週間後って言われてたので、律儀に「いいんですか~」と聞くと、「これくらいならもう大丈夫ですよ」ですってscissors

思いの外簡単に外していただき、「じゃ来月レントゲンね」ってことで診察室を後に。帰りの廊下の歩く姿見て突っ張るカンジが取れたのか、足取りがかなり軽くなったように見えたのはナナ母嬉しさのあまりからかな。

.

ルームスパッツ着用。002 .

つい先日まで後ろ足に負担かけないようにと、外に出しても胴体ベルトで浮かせ気味に支えてたのがナナにはとても不満だったらしく、思うように歩けないとすぐお座りしてストライキ(# ̄З ̄)  もう胴体ベルトも不要とのことでナナにもナナ母にもとても喜ばしい検診となりました。

病院から戻り早速家の前を自由に歩かせたら、即シッコタイム。

前は膝を曲げるのもままならず、中腰状態でしてたのも今日はそれより深くしゃがみこんでの用足し。「おおぉーいいぞぉー」と声を出して喜んでしまいました(*^-^)

.

009すっかり部屋でくつろぐ姿が板について・・・・

.

手術をしてからというものの、一日1回は排泄を兼ねてストレス発散として外に出てたけど、側にある自宅にはちっとも見向きもせず、そそくさに玄関に戻るナナ。どうも退院後から居場所は家の中と思っているようでbleah

まだお尻から右足にかけて裸状態なので今は部屋の中に居ますが、やはり毛が復活してきたら日中は玄関内に移動してもらうことになるかな。

家の中に置いておきたいのはヤマヤマなんだけどね。逆にまた足を滑らしたりして転ばれたりでもしたらと心配になっちゃうし。なにより年長者から苦情がくるしcoldsweats01ね~~

来春どうなることやら~~

2010年12月24日 (金)

術後9日目となりました

巷ではクリスマスイブの今日、我が家のお姫様は退院8日目を迎えました。沢山の方々よりの励まし、アドバイスを頂いてどうにか無事(だと思う。)過ごしております。

昨日から寒波が張り出し北海道では30㎝を越える積雪があったり、タイヤショベルが横転する事故があったりと、わかってはいてもいきなりの雪に辟易してしまいますねcoldsweats02

わが秋田も今日は強風雪でとても寒い一日となりました。

.

15、16日に手術、そして翌17日に退院したナナ。痛み止めの薬1日1回1個を3日分と抗生剤1日2回2個を10日分頂いき、残りあとわずかとなりました。来週27日には検診に行ってきます。

当初痛みもあるせいか、動こうとする姿もどこか難儀なように見えました。

この場所からもあまり動かないナナ。003

ナナの居る場所も急きょ作りで狭いスペースしか用意できなくて。

.

トイレは外でさせてもいいと言われたのですが、事情により外へは朝晩2階から抱っこしての上り下り。これはかなりの重労働。しかもその時によりしたりしなかったり。ナナも小だけ一日1回しかしなかったりで、膀胱炎になるのではとちょっと心配に。

ナナ母も膝関節が磨り減ってきていて(老化現象と言われてます)病院通いしてる身。これではいけないと、いまさらながらペットシーツに用足しする練習を開始。

6日目にしてようやく小をしてくれましたscissors   

そしてその後すぐ大きいほうもしてくれるようになりました(v^ー゜)ヤッタネ!!

これで排泄の心配はなくなったか~~~と思うのもつかの間。大きい方はすると側にある敷物で隠したり、シートから外れたり。そんなこんなで今やナナのスペースは先の倍になってます(笑)

「クッションフロアー敷くといいよ、ふき取りも簡単だし」ってさつこさんに教えられ早速購入。今日こそは・・・・・。今日は柔らかいしsadふんずけてるし~~(||li`ω゚∞)

でもまァ何とか排泄のほうはクリアーしたことにしておきますclear

.

016ところが今度は病院から巻いてきたバンテージがずり落ちることに。

これもさつこデラックスさんから教えてもらったサポーターのおかげで何とか持ちこたえることに成功。・・・・・・のはずが、持ちこたえるのにも限度ってものが。とうとう脱げてしまい、病院へすぐtelephone

電話の向こうでの答えは「もう8日目ですので外してもらってもいいです。その代りエリザベスでも何でもいいので、傷口舐めらないようにしてください」と。ひぇ~~

エリザベスは以前経験済みだけど、アレはナナはとてもじゃないけどだめだった。頭ブンブンしてあっちこっちぶつかって狭い我が家じゃ無理~~。 押入れの肥やしになってます。

それにバンテージ外すはいいけど、右尻から足まで裸状態。 犬の洋服なんてほとんど無いしましてやズボンなんて(ノω・、)

そこでflair 家の中だし外に行くわけではないのでナナ母使用済みのタイツをはかせることに。タイツの両足をナナに合わせて切り取り、尻尾が出るくらいの穴をあければ・・・・・・・ピッタシカンカンsign03

タイツの伸び具合がちょうど傷口を隠して、しかも用足しに邪魔にならないサイズに。

ご覧下さい。042この配色といい、組み合わせといい笑えるでしょ~~coldsweats01

「寒くなければいいんだ」のどっかのオバちゃんだよ~

今日だけだからいいのgawk  タイツだと寒くないし明日はも少しカラーを考えて用意します。(娘はピンクsign01って言ってますけど)

.

ホント毎日がどたばた劇で、ナナ共々四苦八苦の連続。

ちなみにバンテージ外したついでに傷口を。

038_2この足で大体13㎝くらいの傷。結構大きかったんだね。どれほど痛かったんだか。

.

でも日増しにナナの行動範囲が広がり出し、今では部屋の中を自由に歩き回ってます。この回復力には脱帽しちゃいますね。

ナナには何がなんだか分からないけど、一日中部屋に居れてheart01お母さんと一緒に寝起きができてheart02幸せheart04  とばかりナナ母の体に触れてるだけで安心した寝顔でスヤスヤとsleepy

大変と思ってもこの寝顔を見てるだけで、疲れもふっとびまたまた癒してもらってるわけなんです。

.

ナナァ~~~良くなったらまた一緒に散歩しようね~~( ^ω^ )

2010年12月18日 (土)

ナナの手術・・・そして退院Part2

16日、午前中に再度手術を行うということで所用時間1時間ほどと。今か今かの連絡待ち。仕事をしながら気を紛らしてはいたけれど、それも思うように捗らず机に上には仕事の山積み・・・・

12時40分。病院からの電話がなり、すばやく応答したその向こうで「無事に終りました。ボルトもきちんと入り確認できましたので安心して下さい」と。いがったァ~~~とほっと胸をなでおろし安堵の笑みを浮かべました。

実は15日夜自宅に戻り夕食のハタハタの塩魚汁を食べていたら、普段は絶対そんなこと無いのに突然食道に詰まってしまって。それが痛いのなんのって。思いっきり胸叩いて、背中叩いてもらって。その後息するのも苦しくて・・・・・。

ナナの電話を受ける前に一度病院へ。でもお医者さんは水が飲み込めるのなら問題は無い筈と。その後も痛みは続き・・・・・。今度はだんだん寒気が。体温計で計ってみると今度は7度5分に。それでも寒気はおさまらず、夕方再度計ると8度2分に。これもまた即同じ病院へ。

これも特別風邪の症状も無くただただ熱のみ。熱さましの薬を頂いて家戻って即寝。薬が効いたようで一汗かいたら熱も下がり、なんとかナナの迎えに行けそう。

17日、いよいよナナのお迎え~嬉しさのあまり薬のおかげで熱も治まり走る前の車の速度が遅く感じるばかり。

.

001ナナの退院を祝ってくれてか、天気予報はハズレ快晴に。

.

病院に着き早速先生からの説明を。レントゲン写真を見ながらきちんと金属が入っている様子を確認しました。余分に成長したコブ状の骨を取り除き半月板はもうはみ出して使えない状態だったのでこれも取り除いたと(今後無茶なことをしなければ普通の状態で過ごせますと)もちろん走りも入れての事。写真では分かりにくいけど間接と間接の間の骨のくぼみにコブがいっぱい付いてたそう。

002 .

病室から出てきたナナは一目散に外に出ようと、学生さん4人に支えられようやくナナ母の車に。

.

004 待ちに待ったとばかり乗ったら大きな声で「ワンワン!」。不細工な手作り胴体ベルトに身を包み家路を急ぐように催促の「ワンワン!!

片道1時間半経て、ようやく家にたどり着きナナがホッとしたのもつかの間。

007

嬉しくも四足で立つナナ。すごいな~と関心しつつもあちらこちらうろちょろされると心配なので係留することに。それがナナにとっては残念極まりない様子bleah  落ち着かずあっち掘り堀りこっち掘り堀り。

010 座ってもなお掘り堀り。

.

009 ようやく落ち着いたナナ。そして不自由ながらもちゃんと適応する力を持っていることにホントに安心させてもらってhappy01

.

先生はじめ学生の皆さん。そして一番の力となってくれた同じサモ飼いの皆さん。改めてお礼申し上げますm(_ _)m

ナナやナナ母が今こうしていられるのも皆さんの励ましあってのこと。生むが易しとは言うけどホントに無知だったナナ母には先生の手術の勧めや経験談やアドバイスが無ければ不安の塊だったに違いないと思います。またこれからのことについてもまだまだ不安なことがいっぱいあります。ようやく一つの峠を越えたけどまた次の峠にも応援、ご指導、アドバイスをヨロシクお願いします。

本当にありがとうございました(._.)アリガト

.

追:ナナ母体調の不具合はなんだったんでしょう。今はすっかりよくなっちゃったbleah  重ね重ね心配させてごめんなさい。

.

2010年12月17日 (金)

ナナの手術・・・そして退院Part1

15日の朝、いよいよナナにとってナナ母にとって一大イベントの当日を迎えました。いつものように散歩をし、出発の時間を待っていました。昨夜のご飯を最後に8時以降、水一滴も飲まず今朝も「なんで散歩後のご飯が無いの?」と言いたげな顔をして・・・・。

昨夜から峠付近は雪とのことで早めに自宅を出、9時半の予約時間に間に合うよう病院に向かいました。車が大好きなナナは静かにドライブを楽しんでいるようでしたが、病院の前に着くなり車から降りようとしませんでしたsad  動物のカンでも働いたかな

.004 .

006 リラックスして~~スヤスヤ~とお眠りあそばしてますhappy01

.

病院に着いてから先生より今日の手術の目的・説明・同意書へのサイン等々の手続きを。

007.

手術前の諸検査を済ませ、ナナの持病の心臓のレントゲンや血液検査をし今回の手術に耐えれるかどうか・・・おかげで問題なくクリアしました。心音もきれいとの事。

さていよいよ午後からの手術となり、終わるまでナナにはもう会えない時間を待合室で待つことに。

・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・

午後2時半手術が無事終ったと学生(未来の獣医師)が伝えに。もうすぐ会えることに安心してたところ、先生が説明に。

「だいぶ前からの怪我だったようで、開けてみたら骨の周りにコブ状に骨が付きだしていて張り付いてた」と。また「長いボルトを骨の一番広いところに差込んだけどギリギリで入っていて、念のために明日もう一度開かして欲しい」「今回の麻酔の時間では今日中には出来なかったので」一瞬「えっ」と思ってしまったけど、前にも同様の例があったそうで、その子は骨の質にも問題ありで、あとからその骨が欠けてしまいボルトの先が骨から出てしまったとのこと。先生はそこを懸念し、ナナ母としては今更となっては「ノー」は言えないし、改めてに同意することに。

.

麻酔から覚めたとの連絡を受け早速病室に。

010 そこに居たナナはまだモウロウとしてるのにも係わらず起き上がろうとする。しかし足をつこうとすると痛みから、今までに聞いたことの無い声で泣くの(p´□`q)゜o。。 ギャンキャンヴワぉン 所々に濁点のついた声なんて唸る時ぐらい。聞いていてナナ母涙が出てきて「頑張ったね~イイコイイコ、大丈夫だよ」って声をかけてあげるぐらいしか出来なかった(つд⊂)エーン

そんなナナから離れられなくなりそうで、そーっと病室を後にし明日また痛い思いをさせるかと思うと胸が苦しくなる思いでした。

.

明日仕事を休めないためこの日は後ろ髪を引かれる思いで帰途に着きました。

.

Part2に続く

より以前の記事一覧