フォト
無料ブログはココログ

« いよいよ明日・・・・・ | トップページ | ナナの手術・・・そして退院Part2 »

2010年12月17日 (金)

ナナの手術・・・そして退院Part1

15日の朝、いよいよナナにとってナナ母にとって一大イベントの当日を迎えました。いつものように散歩をし、出発の時間を待っていました。昨夜のご飯を最後に8時以降、水一滴も飲まず今朝も「なんで散歩後のご飯が無いの?」と言いたげな顔をして・・・・。

昨夜から峠付近は雪とのことで早めに自宅を出、9時半の予約時間に間に合うよう病院に向かいました。車が大好きなナナは静かにドライブを楽しんでいるようでしたが、病院の前に着くなり車から降りようとしませんでしたsad  動物のカンでも働いたかな

.004 .

006 リラックスして~~スヤスヤ~とお眠りあそばしてますhappy01

.

病院に着いてから先生より今日の手術の目的・説明・同意書へのサイン等々の手続きを。

007.

手術前の諸検査を済ませ、ナナの持病の心臓のレントゲンや血液検査をし今回の手術に耐えれるかどうか・・・おかげで問題なくクリアしました。心音もきれいとの事。

さていよいよ午後からの手術となり、終わるまでナナにはもう会えない時間を待合室で待つことに。

・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・

午後2時半手術が無事終ったと学生(未来の獣医師)が伝えに。もうすぐ会えることに安心してたところ、先生が説明に。

「だいぶ前からの怪我だったようで、開けてみたら骨の周りにコブ状に骨が付きだしていて張り付いてた」と。また「長いボルトを骨の一番広いところに差込んだけどギリギリで入っていて、念のために明日もう一度開かして欲しい」「今回の麻酔の時間では今日中には出来なかったので」一瞬「えっ」と思ってしまったけど、前にも同様の例があったそうで、その子は骨の質にも問題ありで、あとからその骨が欠けてしまいボルトの先が骨から出てしまったとのこと。先生はそこを懸念し、ナナ母としては今更となっては「ノー」は言えないし、改めてに同意することに。

.

麻酔から覚めたとの連絡を受け早速病室に。

010 そこに居たナナはまだモウロウとしてるのにも係わらず起き上がろうとする。しかし足をつこうとすると痛みから、今までに聞いたことの無い声で泣くの(p´□`q)゜o。。 ギャンキャンヴワぉン 所々に濁点のついた声なんて唸る時ぐらい。聞いていてナナ母涙が出てきて「頑張ったね~イイコイイコ、大丈夫だよ」って声をかけてあげるぐらいしか出来なかった(つд⊂)エーン

そんなナナから離れられなくなりそうで、そーっと病室を後にし明日また痛い思いをさせるかと思うと胸が苦しくなる思いでした。

.

明日仕事を休めないためこの日は後ろ髪を引かれる思いで帰途に着きました。

.

Part2に続く

« いよいよ明日・・・・・ | トップページ | ナナの手術・・・そして退院Part2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1338991/38118084

この記事へのトラックバック一覧です: ナナの手術・・・そして退院Part1:

« いよいよ明日・・・・・ | トップページ | ナナの手術・・・そして退院Part2 »